top of page

2つのコンクールの審査員

先週末は2つのコンクールの審査員として各会場へ伺いました。

土曜日はショパン国際ピアノコンクールin ASIA 大阪地区大会(1日目)。審査させていただいたのは、高校生部門、大学生部門、ソロアーティスト部門、ショパニストⅠ・A・B・S部門、プロフェッショナル部門です。 当日会場ではスタッフの方々が丁寧にご準備くださり、審査に集中することができました。スタッフのみなさま、ありがとうございました。

ご一緒させていただきました審査員のみなさまとも、休憩時間にはいろいろお話をさせていただくことができ、充実した時間を過ごさせていただきました。心よりお礼申し上げます。

日曜日はブルグミュラーコンクール 東中国大会ファイナルへ伺いました。前日のショパン国際ピアノコンクールin ASIAとは異なり、はじめてコンクールに挑戦される小さなお子様や小学生の方が多く、小さな体と手を上手につかって一生懸命演奏されるみなさまのお姿が印象的でした。


スタッフのみなさまには大変お世話になり、しっかりと演奏を聴き審査に集中することができました。サポートくださいましたスタッフのみなさま、ありがとうございました。

ご一緒させていただきました審査員の方々にも、感謝申し上げます。


無事に審査を終えることができ、ほっとしています。


年内に、審査員をさせていただく予定のコンクールがあります。体調を整えつつ、しっかりとつとめさせていただきたいと思います。


神戸市西区のピアノ教室 本田真貴子ピアノ教室

Comments


bottom of page